意外に多い猫背

皆さんは猫背を想像してくださいと言われるとすぐに想像出来ますよね。すぐに想像できるほど猫背の方が身の回りには多いのです。


もくじ


スポンサーリンク

猫背だけどダメですか?

猫背ですが

パソコンやスマホの使用頻度が上がり常に背中を丸め下を向くことが多い現代社会では猫背にならない方がおかしい程、自ら猫背になるように努力していると言わざる負えない状況です。

かりに姿勢が5度前傾すると年齢が10歳老けて見えるという検証結果もあるように、見た目的にもとてもマイナスな印象を与えてしま猫背とは一体どのようなものなのでしょうか?

猫背とは

猫背とは医学的にいうと「背中が後方に丸く曲がり、首が前に出た状態。脊柱後湾症。円背(えんばい)」です。

逆に背骨の湾曲が極端に少ない方は平背(へいはい)と呼ばれます。

通常、背骨(脊椎)は首から腰にかけて真っ直ぐな一直線になっておらず首(頚椎)は前弯しており背中(胸椎)は後弯し腰(腰椎)は前弯しています。背骨は身体を横から見るとS字になっているのです。これが人間本来持っている生理的湾曲と呼ばれているものです。

猫背とは

この生理的湾曲が崩れている方が、

猫背なのです。

その猫背のメカニズムは、骨盤のズレや背筋の衰えにあるとされていて、根本的な原因は慢性的な運動不足だからです。現代社会において自分で意識をしてマメに運動をしている人は非常に少ないです。また、普段の移動手段も車や電車などで歩くということが非常に少なくなってきています。

面白いことに、この運動不足は都会より地方の方が深刻な問題になってきています。電車で通勤されている方などは電車の乗り継ぎなどで意外と多く歩くのですが、地方に行けば行くほど車社会となり歩くことがほとんど無いからです。

それでは、なぜ猫背になってしまうのでしょうか?

大抵の方が猫背になる原因は背中にあると思われがちですが、実は背中よりももっと違う場所に猫背になる原因が隠されています。次は本当の猫背になる原因を見てみてましょう。


猫背の人が増えている

昔に比べると確実に猫背の方は増えています。

以前ですと『猫背』といえばお年を取ったご老人などがなるような姿勢でしたが、ここ最近ではお年寄りに限らず20代や30代の方でも猫背の方などがいます。ひどい場合ですと小学生などでも猫背だなんて子もおられます。

一概にこれほどまでに猫背が増えた原因が「○○です!!」とは言い難いのですが、やはり日々の運動不足や普段の生活模様の変化があったからではないでしょうか?

例えば、今では当たり前の様に皆さんが持っている「スマホ」などもそうですが、僅か10年でこれほどまでの普及いたしました。しかし、スマホが普及したことにより以前では考えられない様な症状も出るようになってきています。

例えば、スマホの使い過ぎで「小指のある一定箇所が陥没する」といった症状などが出てきています。また、何時間もスマホを操作することにより姿勢が悪いまま同じ姿勢を取っているのでその姿勢の癖がつき猫背になってしまったなどもスマホがある程度原因だと考えられます。

「スマホなどを長時間操作するな」とは今の現代人に言うのは酷なのでそこまでは言いませんが、長時間スマホの操作をしていたのならそれと同等の時間ストレッチなどをして1度悪い姿勢の癖をリセットするためにストレッチなどをするようにした方がいいかと思います。


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク