身体の歪みは人それぞれ!歪みのパターンを調べてみる

私たちは日々の生活の中で知らず知らずの内に身体の歪みを自分自身で作ってしまっていることをご存知でしたか?また、その身体の歪みはより肩こりや腰痛といった身体の不調を引き起こしているのです。

ですから、みなさんは自分で身体の歪みを修正しようと努力をされている方も多数いますよね。しかし、実際には自分で身体の歪みを修正出来た方は少ないのでは無いでしょうか?

実は、自分で身体の歪みを改善したいが出来ない方の多くは自分の身体の歪み方を把握していない方が多く、間違った改善方法を一生懸命試されているからなんです。なので歪みを改善したい方は1度自分の身体の歪みをしっかりと把握するようにしましょう。


スポンサーリンク

日本人の7割が猫背 

猫背ですが

皆さんは猫背を想像してくださいと言われるとすぐに想像出来ますよね。すぐに想像できるほど猫背の方が身の回りには多いのです。

パソコンやスマホの使用頻度が上がり常に背中を丸め下を向くことが多い現代社会では猫背にならない方がおかしい程、自ら猫背になるように努力していると言わざる負えない状況です。


かりに姿勢が5度前傾すると年齢が10歳老けて見えるという検証結果もあるように、見た目的にもとてもマイナスな印象を与えてしま猫背とは一体どのようなものなのでしょうか?



猫背よりもタチが悪い 平背

画像の説明

猫背という言葉みなさんよく耳にする事が多いと思いますが、意外に不良姿勢で多いのがこの平背(へいはい)です。英語で言うと「フラットバック」と言います。

背骨というものは本来緩やかなS時カーブを描いており、首(頚椎)は前弯・背中(胸椎)は後弯・腰(腰椎)と骨盤は前傾しています


しかし、平背(へいはい)とは、本来有るハズのゆるやかなS時カーブが消失している状態で、首から腰にかけて真っ直ぐになってしまった背骨の事を指します。


スポンサーリンク

肩の高さが左右で違う

画像の説明

肩の高さが左右で違う人の普段の生活を見てみると、いつもどちらか決まった方でカバンを持つ人やデスクワークでPC作業の多い人に見られる傾向にあります。

また、野球やゴルフ・テニスといったスポーツをする方も、いつも同じ方向へのスイング等によりどちらかに負担がかかりやすいです。

普段のクセというのは怖いもので、何も気にしないで行動をとっているといつも同じ方に負担を掛けていることがあります。

肩のたさがが左右で違ってくる原因の多くは普段の生活習慣によるものが多いのです。



関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

歪みに関する関連記事