首の付け根の異常が猫背やストレートネックの原因です

そもそも首の付け根の筋肉にはどのような筋肉があるのでしょうか?一般的に姿勢に関係している筋肉は、下記で紹介している3つの筋肉が姿勢にとっても重要な働きをします


もくじ

スポンサーリンク


中斜角筋・後斜角筋は首を前に曲げる時に使う筋肉で、上部僧帽筋は肩甲骨の位置を保つために使ったり首が前に傾きすぎた時に正常な位置に戻すため頸椎(首)を引きよせる働きが有ります。

首の付け根の筋肉


例えば中斜角筋や後斜角筋の筋疲労により筋委縮が起こると首は常に下を向く様になり、首を正常な位置に戻す働きをする上部僧帽筋等に負担がかかり肩こりや長期間この様な状態でいるとストレートネックの原因になります。


簡単に出来る首の付け根のストレッチ

通常右の首の付け根が凝っていると首を左に傾けたりしてストレッチをしますが、もう少し効果的にストレッチをする方法です。

まず、首を右に傾け首の付け根を自分の手で押さえつけます。

首の付け根を押さえつける時、首の中央付近より筋肉を下の方にスライドさせながら押さえつけると効果が倍増します。

画像の説明


画像の説明

首の付け根を押さえつけたままで、今度は首を左に倒していきます。
首の付け根が伸びてる~って感じになってから5秒キープしましょう

するとどうでしょうか?、ただ首を左に倒す時よりも伸ばされる感じが増した様に感じられませんか!!これを2.3回繰り返します


ワンポイントアドバイス

なぜ1度首を右に倒してから首の付け根を抑えるかと言うと、首が真っ直ぐの状態から、ただ左に倒しても筋肉の伸びる範囲は限られていますが、首の付け根の筋肉を1度収縮させた状態で固定すると伸びる範囲が拡大することにより通常のストレッチより効果が格段と上がるからです。


スポンサーリンク


ゆっくり仰向けで寝るだけの首のストレッチ

ご自宅などで手軽に出来るストレッチで、首の付けにストレートネック用の枕を入れ仰向けで10~15分程度寝ているだけです。

「えっこれだけ」と思う方がいると思いますが、実は首の下にこれらの枕などを入れ仰向けで寝ている状態と病院などで行う頸椎のけん引療法では、実はこちらの方が頸椎を引き伸ばす効果が高いと言われています。

首の付け根のストレッチ


首の下にストレートネック用の枕を入れ仰向けで寝ると頭の重さで首が湾曲し筋肉もそれに伴い伸ばされます。元々ストレートネック用枕はストレートネックを改善したい人が使う枕でしたが、実は首のストレッチに使うと本当に手軽に出来るストレッチ用品に早変わりします。


ワンポイント

このストレッチはお風呂上がりなど筋肉が温められた状態で行う方が効果が実感できると思います。

しかし、時間が無いからと言って5分程度仰向けで寝ていてもあまり効果はありません。しっかりと10分程度は仰向けで寝てみましょう。あまりにも気持が良すぎてそのまま寝てしまう方もいるのでご注意を!!


例えばネット通販でしか取り扱いが無いのですが「スローコアピロー」という商品はストレートネックの方専用に開発された枕で、各大学などでもよい検証結果が報告されるなど大変素晴らしい枕を使用してみたりするのが良いかと思います。

参照URL→ http://slowcore.net/


又は、ストレートネック用に開発された商品ではございませんがストレッチポールの半円タイプのモノでも代用は可能かと思いまうす。

スレートネック枕と比べるとストレッチポールの半円タイプでは若干高さ(枕の直径)が高いので長時間の使用はあまりおすすめは致しませんが、頸椎のストレッチをするだけであればストレッチポールの半円タイプで十分ストレッチは可能です。

しかし、この半円タイプを使用する際には十分注意をしてください。あまりにも気持ちが良すぎてそのまま朝まで寝てしまうと翌朝ストレッチがされ過ぎて首が痛くなる場合がございます。※私がそうでした・・・

ですから、この半円タイプを使用する際には寝てしまうことだけ無い様にしてくださいね。


首のストレッチをしても枕が合っていないと意味が無い

慢性的に首の付け根が痛いという方は日本全国にたくさんいますが、意外とその様な方々で枕にまで気を使っているという方は少ないのでは無いでしょうか?

先ほど、首のストレッチなどをご紹介させていただきましたが一生懸命に首の付け根のストレッチをしても枕などの寝具が身体に合っていないとストレッチの効果が半減してしまいます。

せっかくストレッチなどをして首の付け根がほぐれても枕などが合わない状態で寝ていると、寝ている時にまた首の付け根は凝り固まってしまいます。

ですから慢性的に首の付け根が凝り固まっているという方は是非枕を買い替えてみるこも検討してください。

また、首の付け根が凝り固まってツラいと言っていてもどうしても忙しくなるとストレッチなどをサボってしまう方がいますが、どんなに忙しくても寝ることをサボる方はいないかと思います。

もちろん忙しくて睡眠時間が短くなってしまう方もいるかも知れませんが、それでもどんなに忙しくても睡眠をサボる方はおりません。

特にストレッチなどをサボりがちの方などは睡眠時に首の疲れを取ってくれるような枕を購入する様にしましょう。

また、色々なストレッチなどをしてもなかなか首付け根の痛みなどが改善されない方は1度枕の見直しを検討されるのもよろしいかと思います。



関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加