肩甲骨のストレッチで肩コリ・猫背を改善

肩甲骨周りが凝りだすと、肩コリや猫背などになり易い筋肉です。肩甲骨周りをしっかりストレッチし肩こりや猫背などとオサラバしましょう



もくじ

スポンサーリンク


やり方は非常に簡単です

足を軽く肩幅に広げ、両手は力を抜きダラ~んとします。左右の肩甲骨を中央に寄せていき、ここで5秒キープ

5秒たったら一気に力を抜きます。これを2.3回繰り返します。この時両方の肩甲骨がしっかり中央に寄る感じを確かめながら行ってください。

肩の高さが左右で違うを改善する


さらに肩甲骨を動く様にしましょう

肩の高さが左右で違うを改善する

今度は両手を頭の上に持っていきます。この時、手のひらはお互いが向きあうようにしてください。

手の平がお互い向き合う状態にしないと肩甲骨があまり動かないのでストレッチ効果が半減してしまいますので、必ず手の平はお互いを向く様に注意して下さい。

手の平がしっかり向き合うように、このままの状態で手を左右に倒していきます。


肩の高さが左右で違うを改善する

肩甲骨周りが硬い方は、手を左右に倒そうとすると手が身体の前側を通ろうするので、手は身体の横を必ず通るようにします



手が身体の前側にならない様気をつけながら、身体の横まで手を運んでいきます。この時も手の平は常に上を向いている状態にして下さい。身体の横まで手がいくと肩甲骨が中心に動く感じがするはずです。

手が身体の横に付かないからと言って手の平の向きを変えてしますとこのストレッチの効果は無くなってしまします。本来のストレッチをする事により肩甲骨周りはほぐれてきますので焦らずゆっくりと実施してみてください

肩の高さが左右で違うを改善する


ワンポイント

たったこれだけで、肩甲骨周りの血流が良くなり筋肉がほぐれてきます。
しかし、かなり凝り固まっている方は、最初はほぐれる感じがしないと思いますが、回数をこなすようになるとほぐれる感じがわかるようになります。


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

ストレッチに関する関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加


&tag(ストレッチ)