あなたの身体は歪みはどのパターン

身体の歪みと言っても人により様々な歪み方がございます。

身体の重心が前後どちらかに偏っている歪みや左右どちらかに歪むなど色々なパターンがあります。もちろん、これらが複合している場合もありますが身体の歪みには大きく分けて4つの歪み方があることを覚えておきましょう。

もくじ


スポンサーリンク


身体の歪みは大きく分けて4つに分類されます

身体の歪み方は人それぞれ色々な歪み方が存在いたしますが、身体の歪み方は大きく分けて4つに分類されます。

身体の歪みパターン

  1. 前重心の前傾歪み
  2. 後ろ重心の後傾歪み
  3. 右重心の右歪み
  4. 左重心の左歪み

先ほどもお伝えいたしましたが、これら4つのパターン以外にもこれら複合型で歪む場合もございます。

例えば、前重心で右側に傾いているパターン(猫背で肩の高さが違う)や後ろ重心で左側に傾いていパターン(骨盤が後傾しており肩の高さが違う)などがございますが、これらは先ほどの4つのパターンの複合タイプという訳になります。

それでは、各歪み方の特徴を簡単に説明させていただきます。自分のどのタイプの歪みかが分かるかと思います。


前歪みの方の特徴

  • 前歪みの方の特徴と致しましては、常に重心が前側にかかっているため普段から『つまづき』易い傾向がございます。
  • 靴の先が減るのが早い!!先ほどのつまづき易いとの関連ですが常に足のつま先が上がっておらずつま先を擦って歩く傾向があり靴の先端部分が普通の方よりも減りやすい傾向があります。


後ろ歪みの特徴

  • 靴のかかとが直ぐに減ってしまう!!後ろ重心の為に常に靴のかかとを擦って歩ている状態です。1度靴の裏側を見てみると分かりますがかかとだけ極端に減っている方ですよ。
  • 胃腸など働きが悪い!!後ろ重心でしるとバランスを取ろうとし上半身は前傾姿勢になりがちです。すると内臓関係などが常に圧迫された状態になり胃腸などの働きが悪くなりがちになります。


右歪み・左歪みの特徴

  • ネックレスなどの留め具が常に回ってしまう。
  • 女性で下着の肩紐が落ちやすい
  • 靴の外側が常にすり減っている

ざっと簡単にではありますが色々な歪みの方の特徴の説明をさせていただきました。自分と当てはめてどの様な特徴がありましたか?

上記の様なことが起きている場合にはあなたの身体も歪んでいるということになります。


身体が歪む原因には普段の癖が大きく影響している

また、これら歪みの1番の原因は普段の生活においての癖が大きく影響しております。

例えば、右歪みの方の場合にはいつもカバンなど重たい物を右側で持つ癖がある。また、その反対の場合もありその場合には左歪みになりますよね。

次に前歪みや後ろ歪みの場合には普段の椅子の座り方の癖で骨盤前傾や後傾し前歪みや後ろ歪みを引き起こしたりします。例えば後ろ重心の方に多い座り方ですが、普段から座る際には浅く座り背中を丸めた状態で背もたれを使って座ります。

この姿勢を横から見てみるとどのように座っているのかを想像してみてください。

骨盤が常に後傾してしまっている状態になりますよね。最近の私たちの仕事って1日中座っていることが多くこの座り方の癖をお持ちの方は何時間もこの姿勢をしていることになります。

また、子供の頃からこの様な座り方の癖ならば、長年この姿勢でいることになり身体に変な癖が染み込むので身体が歪むのは当たり前だということです。


歪みを改善するツールや手法は沢山あるが1番は普段の生活習慣の見直しをする

最近では色々と歪みを改善するためのツールや整体院など身体の歪みを診る専門家などがいますが、それらツールや専門家のところへ行きその場で改善出来たとしても以前の様な生活に戻ればまた身体は歪むことでしょう。

少し厳しい言い方かも知れませんが、専門家などは身体の歪みは改善出来たとしてもその正常な状態をキープさせる力はございません。

いくら身体の歪みが改善出来たとしても普段から歪む様な行動をとっていれば1度改善できたとしても歪む原因を自分で作っているのだからまた歪みますよね。

関連記事&人気記事

スポンサーリンク

関連記事


Tag: 猫背