『猫背』や『肩の高さが違う』方など姿勢を正そうとしても、なかなか良い姿勢にするのは難しいものです。そこで少しでも身体の歪みを取り除きたい方の為のお助けグッツとして姿勢矯正下着(ベルト)の着用をおススメします。


もくじ


スポンサーリンク


目的にあった姿勢矯正ベルトの着用を

姿勢矯正ベルトを着用することで、全ての方の姿勢が改善できるというものでもありません。

えっ」と思われるかも知れませんが、猫背など姿勢が悪い状態といっても色々なタイプ(状態)に分かれており、自分の不良姿勢のタイプとその商品が持っているコンセプトが違うと、これら姿勢矯正ベルトを着用してもあまり効果は見込めません。

ですので、これら姿勢矯正ベルトの購入をお考えの方は、1度自分の不良姿勢のタイプを把握してから購入するようにしましょう。

まず不良姿勢の代表と言えば猫背ですが、猫背にも色々なタイプが存在します。(猫背のタイプ別の詳しいお話は>>こちらから)ここでは猫背のタイプを簡単に説明をしたいと思います。


猫背の状態特徴
一般的な猫背腰の反りは正常ですが、肩甲骨周辺が過前湾している
一般的に猫背と呼ばれている方はこのタイプ
骨盤前湾型猫背女性に多いお尻が突き出ている状態
お尻が大きく見られる。
骨盤後湾型猫背足を伸ばして座るのが苦手な人
骨盤が後湾しているため下腹ポッコリやお尻が垂れて見える
隠れ猫背平背と呼ばれる状態。腰から肩甲骨周辺まで真っ直ぐで、体のバランスをとる為に首下から急激に猫背になっている


姿勢改善ベルトを選び時のポイント

姿勢改善ベルトを選ぶ際には自分の姿勢の状態(タイプ)を把握するのが非常に大事ですが、自分がどのタイプの猫背かを簡易的ではありますが簡単にチェックする方法をご説明します。


猫背のタイプを見極める方法


壁に足の踵(かかと)・お尻・背中・肩・頭と順に付けていきます。猫背の方はこの状態で立つと非常に窮屈な感じがするかと思います。※この状態が窮屈と感じない方は猫背の心配は少ないです。

この時、壁と腰の隙間をチェックしてみましょう

  1. 腰と壁の隙間が手のひら1枚分→一般的な猫背
  2. 腰と壁の隙間に手のひらが入らない→骨盤後湾型猫背
  3. 腰と壁の隙間が手のひら2枚分以上→骨盤前湾型猫背

自分の猫背タイプは3つの猫背の内のどのタイプになるのか知りたい方はコチラで詳しく説明していますので気になる方は是非ご覧になってください。

スポンサーリンク


一般的な猫背タイプ

一般的な猫背

壁との隙間が手のひらが1枚分の人

姿勢改善ベルトを購入する際には肩を後方に引き寄せるタイプ(ベルトがたすき掛けのようになっている)で、肩と背中上部を支える製品の購入をお薦めします。


一般的な猫背タイプの方にお薦めベルト

マジコ式

\6,171(税抜き)

楽天などで常に売り上げランキング上位の『マジコ姿勢サポーター』。万人向けの商品なので姿勢矯正ベルトの購入をお考えならこれにしとくと間違いはないかと思います。


こちらでマジコ姿勢サポーターの辛口インプレッションをしています。
気になる方はこちらもどうぞ!!


骨盤前湾型猫背タイプの方

壁との隙間に手のひらが2枚分以上入る人

骨盤前傾型猫背

骨盤が一般的な人より前傾(前湾)している為に身体のバランスをとろうと上半身が前傾している方です。身体の前後のバランスが常に悪いために猫背姿勢になってしまいます。

この様なタイプの猫背の場合、左右の肩を後ろに引っ張るタイプや過前弯している背中だけを矯正する目的のベルトでは思うような結果が得られない場合があります。

よって骨盤前傾型の猫背の場合、一般的な姿勢矯正ベルトでは猫背を改善させることが難しく、骨盤の前湾を修正しながら猫背を矯正する様なタイプの姿勢矯正ベルトを購入するようにしましょう。

また、このタイプの猫背の方は自分で無理に姿勢を正そうとすると腰だけ反って姿勢を正そうとする傾向があります。この方法で姿勢を正そうとすると余計に腰が反る形となりより一層身体のバランスが悪くなり増々猫背姿勢を作る恐れがございます。

本気で猫背を改善したい方は、無理に腰を反って姿勢を正すのでは無くきちんと姿勢矯正ベルトの着用をするかお近くの腕の良いカイロプラクティック院や整体院などへ行かれることをおすすめいたします。


骨盤前傾型猫背タイプの方にお薦めベルト「美姿勢ビルダー」

美姿勢ビルダー

骨盤前傾型猫背の場合、背中だけ矯正をしても猫背の原因を作っている骨盤の過前湾を取り除かなければまた直ぐに猫背姿勢になります。

ですから、背中の矯正と同時に骨盤の前傾を抑える為に腰回りにもサポート機能が付属したタイプの猫背矯正ベルトが必要になります。

この腰のサポート機能がついていることで姿勢矯正中におこる腰への負担が軽減されるので猫背で腰痛持ちの方にもおすすめできます。

参照URLhttp://motton-japan.com/


骨盤後湾型猫背タイプ

壁との隙間に手のひらが入らない人


骨盤後傾型猫背

骨盤の後傾が原因で猫背になってしまった方です。

肩や背中だけを引っ張るタイプの姿勢改善ベルトでは猫背を改善させることが難しく、骨盤の後湾を修正しながら猫背を改善するタイプの姿勢改善ベルトを購入する様にしましょう。

また、背中の矯正と同時に腿裏のストレッチも併用するとより一層猫背改善の効果が高くなります。猫背などを本気で改善したいという方はこれら姿勢改善ツールだけに頼るのでは無くご自身の努力も必ず必要になります。


骨盤後傾型猫背タイプの方にお薦めベルト「お医者さんのがっちり背すじベルト」

お医者さんの姿勢ベルト1

骨盤の後傾を修正しながら猫背を改善していくという考えの「お医者さんのがっちり背すじベルト」

先ほどの「美姿勢ビルダー」とは違い「お医者さんのがっちり背すじベルト」の場合は骨盤まで伸びたサポータが骨盤の後傾を抑制しながら姿勢を矯正していきます。

骨盤後傾型の猫背の方の場合にはこの様に骨盤までサポート機能が付いたタイプの商品を選ぶと良いでしょう。

しかし、このようなタイプの猫背矯正ベルトの場合、どうしても商品自体が大きくなりベルトを着用しての外出がし難いということがあります。その辺の問題が解決すればとても良い商品なのですが・・・

参照URLhttp://www.oishasan-sesujibelt.com/


猫背矯正ベルトが苦手な方には

以前ですとこれら猫背を矯正するツールと言えば「猫背矯正ベルト」一択しかありませんでしたが、ここ最近では加圧式のシャツで猫背を改善されている方も多い様です。

スポーツなどをされる方でしたら「加圧シャツ」と聞いてピンとくるかも知れませんが、あまりスポーツなどをされない方にとっては「加圧シャツ」と言われても想像するのが難しいかも知れませんよね。

そこで、先ずは簡単に加圧シャツとはどのような物なのか説明しますね。※加圧シャツはコンプレッションシャツとも言われています。

元々、加圧シャツはスポーツをする際に適度に身体を包み込み筋肉の余計な動きなどを抑制しながら筋肉が最適な状態で動いてくれるようにしてくる優れたインナーです。

私自身もスポーツをする際にはこれらコンプレッションシャツを着用していますが、身に着けてスポーツをするときと身に付けないでスポーツをするのでは身体に蓄積される疲労感は雲泥の差です。

また、筋肉の動きが最適になるのでパフォーマンスもアップしているハズなんですが、私自信それほど運動能力が高くないのでそれほどパフォーマンスがアップしているかどうかは気の持ちようかも知れません・・・


加圧シャツで猫背を改善しよう

先ほどもお伝えいたしましたが加圧シャツは筋肉を最適な状態にしてくる商品なので、スポーツをする時以外に着用することで普段使わない背中などの筋肉なども最適な状態にしてくれるので自然と姿勢が良くなります。

しかし、ここで勘違いをされる方がいたら大変なので先にお伝えしときますが、猫背矯正ベルトほど極端に姿勢がよくなることはございません。

沢山のネット記事などを読んでいるとこれら加圧シャツを着用した瞬間から姿勢が良くなった様なことを書かれていまる方がいますが、そこまで姿勢が一瞬でよくなるのでは加圧シャツを着用することで普段から筋肉を最適な状態にすることで徐々に姿勢を改善していくという商品なのでお間違えの無い様よろしくお願いしますね。

あと、最近売れている加圧シャツと有名な「アンダーアーマー」などのコンプレッションシャツとは似てはいるのですが使用する目的が違うので猫背などの姿勢を改善したいのであればちゃんとした姿勢改善様に開発された加圧シャツを着用しましょう。

ちなみに、私は運動をする際にはアンダーアーマーのこの商品を使用しています。

コンプレッションシャツは今まで色々なメーカーの商品を使用してきましたが、やはり身体の締め付け感や汗の吸収性などを考慮すると多少値段が張ったとしてもこの商品を使用するようにしています


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

歪み改善グッズ関連記事