動かないことが歪みの原因だ

普段から身体を動かす習慣の無い方は年齢と共に必然的に筋力は低下していきます。

また、筋力が低下すると良い姿勢を保とうとしても良い姿勢をとることが困難になり、身体は必然的に筋力を使わなくても姿勢を維持できる状況を作り出します。

例えば、筋力をあまり使わない状態で姿勢を維持しようとすると「頬杖」をついたりしますがこの姿勢こそが身体に歪みをもたらします。

もくじ

スポンサーリンク


昔に比べ格段に普段の運動量は低下している

昔は普段の生活の中でもある程度身体を動かす生活をされていましたが、近年では移動や普段の生活でもいかに疲れないようにするかが大事だみたいな風習になりました。

例えば、移動の際には直ぐ近くに行く際にも自動車などの乗り物を使い歩いて移動することが減ってきましたし、家事なども自動洗濯機や自動食器洗い機などが当たり前になってきてました。

そしてここ数年で大分ご家庭でも普及しだしたかと思いますが掃除までもが自動で行うようになり私たちは益々身体を動かす機会が減ってきています。

ひと昔前の様に、身体を動かす習慣があった時代には普段から身体を動かすので今現在よりかは日々の歪みも少なかったのですが、身体を動かす習慣が減ってきた現在ではそうはいきません。


身体の柔軟性が低下している人が増えている

柔軟
大人になると身体の柔軟性が低下する原因は普段の運動不足が大いに関係していることは皆さんもご承知かと思われます。

しかし、健康を意識されている方の場合には年齢に関係なくいつまでも身体の柔軟性を確保されている方がいます。

「もぅ歳だから身体が硬くなるのは仕方がない」と諦めないできちんと毎日ストレッチなどをおこなうことで多少時間はかかりますが身体の柔軟性は回復いたします。

また、大人の場合には年齢と共に身体の柔軟性が低下するのはある程度ご理解することは出来ますが、近年では幼少期から身体が硬いお子さんが大勢いることが報告されています。

例えば、小学校の体育の授業で「足を伸ばして座る(長座)」や「膝を抱えたまましゃがむ(俗にいううんこ坐り)」が出来ないお子さんなどがいます。

また、身体の柔軟性の目安として用いられることの多い「立位体前屈(立った状態で床に手の平がつくかどうかの検査)」でも床に指先が付けばまだ良い方で酷い場合ですと指先がひざ下くらいしか曲がらない子供も最近では多いようです。

この様に身体の柔軟性が低下してくると身体の関節など本来動くべき可動域まで動かすことが少なくなります。

普段から本来動く可動域を動かしていないとその関節などは徐々に可動域の制限をかけるようになりやがて関節などは動かしづらくなります。すると日常の生活でも身体の動きは段々と小さくなるので必要最低限の動きしかしない身体はやがて歪みやすくなっていきます。

この様に身体の柔軟性が低下する1番の要因はやはり運動不足が大きく関係していますよね。

スポンサーリンク


身体を動かさないことで筋力や柔軟性が低下してきた

普段から身体を動かさないでいると、筋力や柔軟性が低下してきて身体は徐々に歪みやすくなっていきます。

「そんなこと分かっているよ!!」と言われる方も多いかと思いますが、頭で分かっていても行動に移さないから身体は徐々に歪んできたのです。

ですからこれを読まれている方には是非とも頭の中で理解するだけではなく、しっかりと行動に移す様に努力してください。

身体の歪みが慢性化してくると身体には色々な症状となって現れます。例えば「肩こり」や「頭痛」なども身体の歪みが大いに関係しております。

慢性的な肩こりや頭痛持ちの方は是非ともその場限りで肩こりや頭痛を改善しようとはせず、身体を動かして根本的な改善に努めるようにしてください。


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

歪みに関する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加