僧帽筋上部のストレッチ

僧帽筋上部は頭の付け根から肩甲骨の中部辺りに付着しいる部分で肩関節の動きや重たい頭を支える為いつも酷使され続けている筋肉です。

もくじ

スポンサーリンク


僧帽筋(上部)とは一体どんな筋肉のな?

画像の説明

パソコン作業が多い方やスマホをいつも覗き込んでいる方などは、常に僧帽筋が緊張している状態なのでいつも肩こりなどの症状を訴えているのでは無いでしょうか?

また、カバンなどを持つ際にも僧帽筋上部は肩を上に引き上げる働きを持っているのでいつも同じ方でカバンを持つ方などもこの僧帽筋上部は凝りやすい筋肉です。


僧帽筋(上部)右側のストレッチ

画像の説明
  1. 両足を肩幅に開きリラックスした状態で立ちます。
  2. 両腕を後ろに回し腰辺りで左手で右手首を軽く握ります。
  3. 今回は僧帽筋の右側をストレッチするので左手で右手首を持ちますが、僧帽筋左側をストレッチする際には右手で左手首を握ります。


画像の説明
  1. 左手で右手首を斜め下(左斜め下)に引きます。
  2. この時、首も真横に左方向に倒していくとより僧帽筋上部がストレッチされます。


ワンポイントアドバイス

このストレッチを行う際には身体は常に真っ直ぐな姿勢を保ちます。前方に身体が倒れると僧帽筋は余りストレッチされず違った筋肉がストレッチされます。


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

ストレッチに関する関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加


&tag(ストレッチ)