最近では、体幹という言葉自体よく耳にするので体幹についての詳しい説明はここでは致しませんが、姿勢が悪い方(猫背気味)の方などは、この体幹が弱い傾向があります。

ですから、姿勢が悪い(猫背気味)の方などは、体幹を鍛えることで本来の良い姿勢を取り戻すことが出来るようになります。

スポンサーリンク


体幹鍛えて歪みを予防

自分では普段真っ直ぐに立っているつもりでも、無意識のうちに身体が右や左へと傾く方は意外と多いのです。

よく言われるのが、写真を撮る時ですが自分では顔を真っ直ぐにしているつもりでも、写真を撮る人から『ハイ、そこの人顔を少しこちらに傾けて』と言われたことありませんか?

これって自分では真っ直ぐなつもりでも見る人から見れば立派に顔が傾いている証拠です。


人間は元々歪みやすい生き物です

そもそも人間という生き物は生まれながらにして歪みやすい骨格をしています。人間の祖先は元は手と足を使い4本足で歩行していましたが、これがやがて2本足で立つようになり今に至るわけですが、常時2本足で歩行する生き物は人間以外にはほぼいません。

これって生体力学的なお話でかなり難しくなるので、改めて別のページでお話したいと思いますが、要は二足脚歩行している我々人間は日々歪みと戦わなくてはいけない運命なのです。

だからこそ、日々の歪みを自覚したらそのつど歪みを改善するようにしなくてはいけないのですが、歪みづらい身体に生まれ変わったらそのつど改善する必要も無くなります。

では、普段の生活でも歪みづらい身体に生まれ変わるにはどうしたら良いのでしょうか?


普段の生活で歪みづらい身体を手に入れるためには多少の努力は必要です。

努力なんてしたくないという方は、すいませんがそのまま身体が歪みやすくなりこの先10年後や20年後に後悔してください


画像の説明

筋肉が衰えると
歪みやすい

筋肉が衰えることにより、身体が本来のS字カーブが乱れることにより歪む


画像の説明

腹圧を鍛えて
姿勢改善

普段使っていないコアの筋肉を鍛えることで良い姿勢が保てます


画像の説明

靭帯の衰えが
歪みを加速させる

普段動かない事で、靭帯が衰え関節の遊びが無くなり歪みやすくなる



関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

歪みに関する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加