身体がかたくてすみません・・・

身体が硬い人のデメリット

みなさんは「身体が硬い」と聞くとあまりよいイメージを持つ方は少ないと思います。それでは身体が硬い人のイメージとは言葉に表してみると下記の様なイメージをもたれると思います。

身体が硬い人のイメージ

  1. 身体が硬い=運動不足
  2. 身体が硬い=怪我をしやすい
  3. 身体が硬い=歳を取った

では逆に身体が柔らかい人のイメージとはどのようなイメージでしょうか?

身体が柔らかい人のイメージ

  1. 身体が柔らかい=いつも運動をしている
  2. 身体が柔らかい=スポーツをしていてもあまり怪我をしない
  3. 身体が柔らかい=若々しい人だ


さて、あなたなら人から見られる時どちらが良いですか?


もくじ


スポンサーリンク


身体が硬い状態とは?

それでは、身体が硬いとはいったいどのような状態なのでしょうか?「身体が硬い」を言葉で説明して下さいと聞くと大半の方は「筋肉が硬い」や「筋肉の柔軟性が低下している」と答えると思います。

しかし、筋肉の問題だけではなく実は関節の可動域が狭くなっている方や骨盤が正常な位置(歪んでいつ)ではないが為に、身体が正常な動きが出来なくなっている方など、人それぞれ身体が硬い(柔軟性が低下)状態にあると思われます。

例えば「私は身体がこんなに柔らかいのよ」って言って前屈をすると床に手の平がしっかり付く人に対し身体が硬い人は手は床からー20㎝なんて事がありますよね。

前屈の動きは腰椎と股関節が柔らかいとこの様に床に手を付ける事が出来ますが、腰椎や股関節が硬いと身体は全然前屈出来ません。


前屈の仕組み

身体を前屈させる仕組みは、最初は腰椎(腰の骨)で身体を約30度曲げ今度は股関節が徐々に動き出し前屈運動となりますが、腰椎や股関節の可動域が狭い方は前屈しても床に手が届かない方が多いです。


例えばカイロプラクティック院などで、腰椎と股関節を調整するだけでも調整前は床に手が付かなかった人が調整後床に手が付く様になるなど筋肉やスジだけが身体の硬さを決定する要因ではない事が分かります。

また、脚を伸ばして座り足の指先に全く手が届かない人もいますが、各関節の柔軟性が欠如している場合と、骨盤が後傾(後に倒れている状態)しているせいで足先に手が届かない場合がございます。

骨盤が後傾している方は足を伸ばして座るのも苦痛だとおっしゃる方もいるくらいですし、最近の子供も身体が硬いと言われていますがこの骨盤が後傾している為身体が硬くなりやすい傾向が有ります。


身体が硬い事によるデメリット

身体が硬い事によるデメリット

以前ですと、身体が硬くなる「歳をとったから仕方が無い」と諦めていた方などは多いかと思いますが、身体が硬くなる事で健康にも色々と不都合なことが起こり易くなります。


それでは身体が硬い(関節の可動域低下)とどうなるのでしょうか?

日々の生活でも疲れやすくなる

日々の生活でも疲れやすくなる

日常生活においては身体が柔らかい人は、普段の動きがスムーズで身体に負担は掛かりにくいですが、硬いと身体を動かそうとしても日々身体に負担が掛かります。

また、本来の身体の動きでは無く変な動きの癖を付けてしまう場合があります。

なので、身体の動かし方に変な癖をつけてしまうと、若い方ですと普段の歩き方が正常でない為『O脚になる』や高齢者の方であれば『膝が変形する』や『股関節が変形す』など様々な症状となって現われます。


身体が硬いスポーツ選手は致命的

身体が硬いスポーツ選手は致命的

スポーツをされている方が身体が硬いというだけである意味大きなマイナス要因を抱えたままスポーツをしていることになります。

スポーツ選手が身体が硬いことでの1番のデメリットは怪我を起こしやすくなることです。

身体が硬いことで、身体の重心が上手く確保できていない状態で無理に身体を動かそうとすると各関節などに負担が生じ怪我の元となり易いです。


身体が硬い人が起こしやすい怪我は

  1. 足首が硬いことによる足首のねん挫
  2. 膝関節や股関節が硬いと太ももの肉離れ
  3. 腰椎の可動域減少の場合は、スポーツ性腰痛症すべり症


また、スポーツ選手が身体が硬いことで身体が柔らかい人に比べるとパフォーマンスの低下が顕著に現れやすくなります。

例えば、瞬発力を求めるスポーツでは瞬間的に力を出す際、身体が硬いことにより「力を溜める動作が」遅れたりします。また、適正な身体の重心の確保が難しいのでバランスが崩れたりするので、他の選手とは一歩出遅れる形になり易いです。

身体が硬いことで起こり得るパフォーマンスの低下をもう少し詳しく知りたい方は、こちらでご説明しております。


よい姿勢を保つことが出来ない

普段の姿勢についても同じ事が言えます。身体のある箇所が硬い事によりその周辺の筋肉は常に負担を掛けられ筋委縮等が起こる事により身体は捻じれてきたり傾いたりしてきます。

この様に身体の捻じれや傾きを長期にわたり継続してきた結果、姿勢は歪みやすくなるのです。また身体の歪みがさらに歪みを誘発しさらに歪みやすくなるので初期に歪みを改善する事を心がけましょう。


歪みのない身体に変身するには

身体が硬いとそれだけデメリットが目立ちますが、発想を変えて身体が硬い事により身体が歪んだりするのならば、身体の柔軟性を取り戻すと歪みのない健康な身体に変身する事が出来ると思いませんか?

身体を柔らかくするにはいくつか方法が有りますが、やはり1番はストレッチをする事です。またストレッチにも色々あり身体が硬い人向けのストレッチや今の現状を維持するためのストレッチなど色々あるので、まずは自分にあったストレッチ行うようにしてください。

スポンサーリンク


簡単に出来るストレッチ

仕事中などでも簡単に出来る大胸筋のストレッチです。


猫背やバストアップも期待できるご自宅で簡単に出来る胸のストレッチ


肩こりや猫背の原因の1つに挙げられる肩甲骨のストレッチ。肩甲骨んぽ可動域が広がれば肩こりも緩和します


ストレートネックや肩こりには首の付け根をストレッチしましょう


背中をストレッチで伸ばすと姿勢が良くなったり、呼吸が深くなるので安眠効果も期待できます。


背中全体を伸ばすストレッチです。



関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

身体が硬い関連記事