猫背は自分で改善出来ます。

猫背になるとみなさんは背中の筋肉や背骨だけに原因があると思っている方が多いですが、実はそれ以外にも猫背になる原因があるのです。


もくじ

スポンサーリンク

それは大胸筋(胸の筋肉)が萎縮することにより肩関節を前方に引き寄せ、背中にある肩甲骨が左右に拡がり肩甲骨についている僧帽筋や広背筋が正常に機能しなくなり猫背になりやすくしている場合があります。

また、いくら背骨を伸ばすストレッチをしても大胸筋(胸の筋肉)が萎縮している状態ですと、また直ぐに大胸筋が肩を引き寄せ猫背になってしますので、背骨のストレッチの前に大胸筋をゆるめるストレッチが必要です。


簡単に出来る胸(大胸筋)を広げるストレッチ

会社でも出来る大胸筋
ストレッチ

画像の説明

何処でも出来る簡単なストレッチです。

まず部屋の壁のコーナーなどを利用し肘を肩の高さまで持ち上げ壁に付けます。

この時、肘が肩より下がっていると効果があまり感じられないので必ず肘は肩の高さまでもっていきます。

自宅で簡単寝ながらする
ストレッチ

画像の説明

まず、ストレッチポールを背骨に対し垂直にあて、ただ仰向け(上向け)で寝ているだけです。

身体が床から少し浮いた状態になりますよね。そして両腕は左右に広げ「大の字」の状態にします。

スポンサーリンク

ストレッチポールで背骨の動きを改善

ストレッチポールの本来の目的は関節稼働域減少・バランス反応の低下・固有受容覚の低下・筋膜等の柔軟性低下などこれらの症状を改善する目的がありますが、ただなんとなくみんなが良いというからと言う理由だけで意味も分からずストレッチポールの上に寝転がっているので、効果があまり実感出来ないので長続きしない方が多いと思います

ストレッチポールの基本姿勢には、ストレッチポールの上に背骨を沿わせて寝ることにより関節のモビライゼーションが行われ関節の動きが改善します。関節の柔軟性が改善されることに加え体幹の深層部の筋肉が緩みます。深層筋が緩むことで浅層筋である脊柱起立筋も緩んできます。

しかし、深層部の筋肉は長年緩む事があまりない筋肉ですので、1度緩んだからと言って継続的に緩んでくれるものではありません。

毎日少しづつ継続的に深層部の筋肉を緩める努力はしなくて行けません。そこでご自宅でも毎日ストレッチポール等を使ったエクササイズをする習慣を身に付けましょう


楽天で販売しているものがこちらになります。ストレッチポールは色々な所から販売されていますが、類似品なども多数販売されており安いものですと直ぐに変形などする恐れがありますで、もしご購入を検討するなら正規品を購入された方が長持ちしますよ

継続は努力なり

これらのストレッチを少しず毎日おこなうことにより、今まで萎縮していた筋肉が少しづつ伸ばされ、関節の可動域が正常になってくるまでには、その方の状態や年齢にもよりますが、2~6カ月程度かかります。

ストレッチというものはやったら直ぐに効果は出ません。日々の積み重ねがあなたの身体を変えていきます。2.3回やってすぐに効果が出ないからといって止めてしまわないでくださいね


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク


Tag: 猫背