「うちの子供は集中力が続かなくて困るわ」って思っている親って実際には非常に多いと思います。

しかし、いくら口で注意しても集中力が続かない原因には、ひょっとしたら子供の猫背が影響しているかも知れません。

もくじ

スポンサーリンク


猫背は脳内の酸欠を引き起こす

子供の集中力が続かない原因には、実は猫背が大いに関係しています。

酸素を体内に取り込む機能を持っている呼吸器系は、成長段階の子供は大人に比べると約1/2程度しか酸素を体内に取り込むことが出来ません。


1回の呼吸で酸素を取りこむ量は:
通常成人男性が1回の呼吸で肺に吸い込まれる酸素量が400~500ml程度と言われております。一方、小学生の場合ですと1回で吸い込む量は200~300ml程度になります。

なので大人に比べるとどうしても子供は脳に酸素の供給が少なくなるので集中力が長く続かなくなる傾向がございます。

また、大人に比べると通常でも体内(脳)に新鮮な酸素を取り込みづらい子供が猫背などの姿勢の状態だと、前傾姿勢(猫背)により肺や内臓などが圧迫され呼吸そのものが浅くなり、さらに新鮮な酸素を体内に取り込むことが出来ずらくなります。

酔って、体内(脳)に新鮮な酸素が取り込めなくなると、集中力を持続させる働きのある脳へも酸素の供給も減るので集中力の低下などの症状が見受けられるようになります。

スポンサーリンク


呼吸が浅くなると体内のエネルギー不足も起こります

猫背の影響で肺が圧迫され呼吸が浅くなると脳への酸素不足だけに止まらず、生活するうえでも必要なエネルギーも作りづらくなり集中力の維持が困難になります。


酸素と体内エネルギーの関係:

生活する上で必要なエネルギーは、普段の食事から摂取した食べ物が消化され色々な養分へと変わります。

その中の1つにブドウ糖がございますが、ブドウ糖と酸素が結びついた時に身体に必要なエネルギーが生まれてきます。


我々、大人でさえもお腹がすき体内のエネルギーが不足すると集中力を欠きイライラしたりするのに、ましてや子供が体内のエネルギー不足の状態で集中力を持続させることはかなり難しいかと思います。

この様に体内でのエネルギー不足の時に、いくら口で集中しなさいと言っても身体が本来持っている生理現象的な部分なので集中力を持続させることは難しいかと思います。

なかなか集中力の持続が難しいお子様などの集中力を持続させたい場合や高めたい場合などは、1度姿勢の改善(猫背を矯正する)を図られると集中力などが持続できるようになります。


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

猫背に関する関連記事