歪みを改善する方法

身体の歪みを改善する方法は大きく分けて5つ有ります

  1. カイロプラクティックなどの背骨&骨盤の専門家に診てもらう
  2. 動きずらい関節の動きを正常化するストレッチ
  3. 骨盤ベルトや猫背改善ベルトの使用により改善する
  4. 姿勢維持に欠かせないインナーマッスルを強化する
  5. 普段使う寝具の改善を行う


もくじ

スポンサーリンク


背骨と骨盤の専門家カイロプラクティック

みなさんはカイロプラクティックという言葉を聞いた事が有りますよね。

元々カイロプラクティックはアメリカが発祥の地で、背骨が歪む事により背骨の横から出ている神経の出口が圧迫され、神経伝達が正常に行わなくなり、身体に不調をもたらすという考えから、背骨を正常な位置に戻し神経伝達を正常化すると言うのがカイロプラクティックの本来の施術方法です。

「身体の歪み=背骨の歪み」からカイロプラクティックに行き正常に動かなくなった背骨を矯正してもらい本来の背骨に戻してもらうと歪み改善につながります


動きずらい関節を正常に動く様にする

動きずらい関節を正常に動く様にする

身体が歪み「猫背」や「反り腰」になってしますと、今まで正常に動いていた関節は通常の関節可動域まで動かなくなるので、だんだんと動かしずらくなります。

関節が動かないと関節周りにある靭帯等も収縮してさらに「猫背」や「反り腰」等になりやすくなります。

自宅で簡単に出来るストレッチは歪みに対して王道のテクニックです。焦らず少しづつ続けると効果が現われます


身体の歪みに効果的なストレッチをご紹介

歪みに効果的なストレッチ

  1. 縮んだ状態の筋肉の癖(適応性短縮)をとるストレッチ
  2. 可動域減少している関節の動きを良くするモールディング
  3. 長年かけて縮んだ靭帯のストレッチ

これらの事をご自宅で実施することにより、猫背や反り腰または肩の高さが違う等の身体の歪みを改善する事が出来ます。


自分で出来るストレッチのご案内

矯正ベルトで普段の姿勢を覚える

骨盤ベルトや猫背矯正ベルトなど様々な製品が販売されていますが、中にはこれで矯正効果があるの?と思う様な製品も多数販売されていますが、骨盤ベルトや猫背矯正ベルト等もきちんとした物を使用すると姿勢改善に役立ちます。

身体の筋肉は同じ姿勢を30分以上続けると筋肉がその姿勢を覚えてしまします。仮に不良姿勢のまま30分以上経ってしまうと不良姿勢の癖がつきますので、不良姿勢にならない様にベルトなどの力を借り姿勢を正していれば、身体が歪みずらくなります。

また、ベルトを着用することにより正常な綺麗な姿勢の癖が付きますので姿勢改善ベルトなどはおススメですよ

スポンサーリンク

姿勢維持する筋肉を鍛える

歪みを改善するエクササイズ

猫背や反り腰などの方は、よく「筋肉力不足だ」と言われていますが、プロスポーツ選手でも猫背や反り腰といった方は多く見かけます。

プロスポーツ選手で有れば一般の方よりも筋肉は有るように思われますが、実は姿勢を維持する筋肉はインナーマッスルが重要なのです。

瞬間的に力を発揮する筋肉はアウターマッスルと呼ばれ、重たい物を持ち上げるや急な動きをする時に使う筋肉ですが、普段姿勢を維持するのに使う筋肉はインナーマッスルが多いに関与しています。

インナーマッスルは瞬間的な力を発揮する事が出来ない代わりに、持続力があります。普段姿勢を正そうとすると直ぐに疲れてしまうという方は、このインナーマッスルが弱くなってきているので、インナーマッスルを鍛えるエクササイズを行うことにより、姿勢が良くなり歪みずらい身体に改善出来ます。


人生の1/3は寝具の上です

画像の説明

これって意外と見落としがちですが、身体の歪みと寝具には大きく関係しています。

人間の平均睡眠時間は約7時間と言われています。1日24時間内、7時間寝ていると言う事は人生の1/3は寝ている事になりますよね。


人生の1/3を過ごしている寝具に、みなさんはあまり関心無いようで枕は購入してもう10年以上経つし、敷き布団も何十年も同じのを使っている方多く無いですか?


関連記事&人気の記事


スポンサーリンク