1980年の調査によると幼稚園児や小学生の猫背の割合が2割未満だったのに対し2010年以降では子供の猫背の割合が4割弱にまで増えたとの報告がございます。

なぜこれ程までに子供の猫背の割合が増加したのでしょうか?


もくじ

スポンサーリンク

子供の猫背が増えています。

最近、猫背気味のお子さんが増加傾向にあるという報告がございましたが、2010年以降の調査では実に3人に1人はは猫背だとか・・・

これって実はとても大変な事態だと私は思っているのですが、当の本人方はそれほど大変だと思っていないかも知れません。

子供(幼少期)の頃から猫背気味ですと、大人になってから猫背になった方が猫背を改善する以上に大変な努力と苦労が必要となってきます。

関節や筋肉などがまだ成長期の子供(幼少期)が常時猫背の姿勢でいると、成長段階で背骨や筋肉などは猫背姿勢のままで成長してしまい大人になってから猫背を改善しようにも中々改善をするのに苦労します。

我が子に苦労を掛けさせたい親などいないかと思いますが、少しでも我が子が大人になってから苦労しないように子供(幼少期)から猫背を正してあげるようにしましょう。


子供の猫背は様々な悪影響を及ぼします

大人の方でも猫背になると色々と悪影響を及ぼすことは何となく判っていますが、子供が猫背だとどのような悪影響を及ぼすのか少し詳しく説明したいと思います。

先ずは、子供が猫背になると下記のような悪影響を及ぼす危険がございます

  1. 集中力の低下
  2. 学力の低下
  3. 運動能力の低下
  4. 身長が伸びない
  5. 社交性に問題
  6. 肥満になりやすい

それでは1つづつ詳しく説明していくので気になる方は詳細をご覧になってください。


猫背になると必然的に呼吸が浅くなり、新鮮な空気を体内に取り込めなくなります。よって集中力を維持させる働きのある脳が酸素不足を起こし集中力の低下を招きます。


集中力が低下することにより質の高い勉強が出来なくなります。よって学力も必然的に低下致します。逆に、猫背を改善することにより学力がアップしたという報告も!!


筋肉を動かす神経伝達が正常で無くなり、瞬発力や持久力などの運動にかんする能力が低下します。


成長期に無理な姿勢を取ることにより本来伸びるはずの身長も伸びないままで終わる可能性があります。


内気で人と接することが苦手な子供になりがちです。大人になってから必ず苦労をします


猫背でいると新陳代謝などが低下し子供でも肥満体形になりやすくなります。


スポンサーリンク


子供が猫背になる原因は親の責任です

子供が猫背になると色々な悪影響を及ぼす事が分かったが、なぜ子供が猫背になるのでしょうか?

それでは、子供が猫背になる原因をいくつかあげてみましょう。


日常生活の中での椅子の座り方が正しくないと猫背になりやすいです。大人でも正しい椅子への座り方を知らない方が多くいるので、1度正しい座りかを覚えましょう。


長時間同じ姿勢に原因が

子供の猫背は長時間同じ姿勢に原因が

小さなお子さんが何時間も連続でゲームをする家庭が増えています。ある程度身体が出来た大人でさえも同じ姿勢を30分以上続けると猫背になりやすく、まして子供なら尚更です。


筋力低下に原因が

子供の猫背は筋力低下に原因が

小学生などの運動能力の低下が問題視されていますが、学習塾などに通うため普段外で遊ぶ機会が減り段々と知らず知らずに体力(筋力)も低下してしまいます。


柔らかい寝具に原因が

子供の猫背は柔らかい寝具に原因が

普段使われる寝具など寝付きが良いモノを好まれる方が多いですが、実は寝付きが良い柔らかめの寝具は眠りの質を低下させ猫背などになりやすい傾向があります。


この様に子供が猫背になるのには様々な要因がございますが、子供が猫背になる前にきちんと親が猫背に対する予防を心がける事で、子供の猫背を防ぐことが出来ます。

それではどのようにして子供の猫背を予防していけばよいのでしょうか?実際に子供の猫背予防の方法を説明していきたいと思います。


関連記事&人気の記事

スポンサーリンク

猫背に関する関連記事